沖縄で使って実感!オセアナポートヴィレッジ座間味 『TORQUE 5G』は観光事業者の頼もしい味方!!
    
    
    
    
    

多くの観光客が国内・海外から訪れるようになった沖縄。様々な沖縄の観光関係者が、自然や文化、食べ物などの魅力を発信し、観光客の期待に応え「ブランド」を築いてきました。本記事は、コロナ禍における「観光客の激減」という逆境を乗り越えようとする、沖縄の観光事業者の挑戦する姿と、観光事業者から見た『TORQUE 5G』の魅力を3回シリーズでご紹介します。

Profile

オセアナポートヴィレッジ座間味
その海の美しさから世界中のダイバーからの評価が高い沖縄の「慶良間諸島(けらましょとう)」に属する座間味村(ざまみそん)でホテル&アクティビティ事業を展開。海域だけでなく陸域のアクティビティも充実し、ワーケーションといった新たな領域にも挑戦する。
https://www.oceana-zamami.com/

 

1. 離島観光事業の過酷さと、コロナ禍における挑戦
2.離島のアクティビティをさらに面白くする『TORQUE 5G』の特長機能!
3.「耐海水!」は、大きな魅力
4. 壊れにくい『TORQUE 5G』が業務を止めない!

離島観光事業の過酷さと、コロナ禍における挑戦
__
__
__
__
__
__
__

「開業したらコロナが来た。環境変化をチャンスに!」
ホテルのリノベーションが完了したのが2020年4月です。新型コロナウィルス問題が直撃し、お客様の来島も減る中で「どうせリニューアルするなら今まで島の課題であった陸域のアクティビティの充実と、長期滞在も果たせるホテルにしよう!」と逆に意気込んでいました。そう語っていただいたのは沖縄県座間味村の座間味島でホテルやアクティビティ事業を展開されているオセアナポートヴィレッジ座間味の代表・瀬長さん。

(左)オセアナポートヴィレッジ座間味の代表 瀬長博康さん(右)モビリティ事業統括責任者の棚橋一貴さん

瀬長:座間味島は豊かな海域を活かしたダイビングのメッカ。長年そのブランドを保持してきましたが、海だけでない陸域のアクティビティに対する要望も多く、地元では課題となっていました。島ではダイビングと宿泊の事業者さんが9割以上を占め、確実に収益が得られるダイビングに多くの人材が割かれるのは致し方ないことで、新しいサービスへのチャレンジは、そう簡単にはいきませんでした。

「ワーケーションに水耕栽培。そして電動モビリティの導入も」
「島の魅力を増やし、滞在方法の変化にもチャレンジする。この2つのテーマに取り組むことをオープン当初から考え、ソフトとハードの充実に取り組んできました」、そう語ってくれたのはスタッフの棚橋さん。
棚橋:例えばワーケーションの設備を充実させ、島で働きながら過ごせる環境を整えたのもそのひとつです。あと、離島はどうしても輸送に課題が多く、例えば天候が崩れれば船が2、3日どころか下手したら1週間も止まることもあるので、物流が滞ってしまうことによる食材の安定供給も大きな問題の一つでした。

そうした事情から地元・沖縄の通信キャリアである沖縄セルラーさんが行っている水耕栽培技術を導入して離島における『食』の確保にも取り組んでいます。それと陸域のアクティビティの充実もさせるため電動モビリティを導入し、慶良間諸島の新しい楽しみ方を提供しながら、島における脱炭素・脱化石燃料を目指した、SDGsを意識した活動を行っています。

離島のアクティビティをさらに面白くする『TORQUE 5G』の特長機能!
__
__
__
__
__
__
__

「『TORQUE 5G』は離島アクティビティの救世主!」
棚橋 今回『TORQUE 5G』をモニターとして利用させていただいた率直な感想は「『TORQUE 5G』は離島アクティビティの救世主!」ってことですね。ちょっと大げさかも知れませんが、とにかく陸域でも、海域でもどんなシーンにおいてもアクティビティサービスに相性がいいんですよ!例えば『TORQUE 5G』に標準搭載されている撮影モード「Action Overlay」やアウトドアアプリの「ROUTE LOG」は、電動モビリティを利用する際に使うと、島巡りの楽しさが倍増しますね!

『TORQUE 5G』のカメラ撮影モード「Action Overlay」を使うと、目の前の映像に日時/速度/高度/天気などの情報を重ねて動画や静止画を撮影できる。

『TORQUE 5G』のカメラ撮影モード「Action Overlay」を使うと、目の前の映像に日時/速度/高度/天気などの情報を重ねて動画や静止画を撮影できる。

アクションカメラについての詳細はこちら


アウトドアアプリの「ROUTE LOG」は、辿ってきたルートの軌跡を地図上に表示できる。テキストメモや写真も一緒に保存できるので、振り返りにも便利な機能。アクティビティはもちろん、旅の記録にも最適!

「耐海水!」は、大きな魅力
__
__
__
__
__
__
__

「タフだからこそ、島で使い倒す!」
棚橋 耐海水で、海とバツグンに相性が良いのもうれしいですね。例えば当ホテルではシーカヤックもやっているのですが、波しぶきがかかっても安心ですし砂浜での利用も気にならない。フローティングストラップ(別売)を装着すれば、水中に落としても沈める心配がなくて安心でした。水深2メートルの深さまでなら、海の中でも自由に撮影できますし、海の中での操作にも関わらずストレスは全く無かったです。海水や操作性に気をとられることなく、思う存分お客さんの楽しんでいるシーンを撮影できることは、耐海水の『TORQUE 5G』だからできることですね。もっといろいろな利用シーンがありそうなので思う存分使ってみて、島で使い倒します!(笑)

フローティングストラップや『TORQUE 5G』専用アクセサリーの詳細はこちら


ウォータースポーツを盛り上げてくれる『TORQUE 5G』の魅力はこちら

メインカメラとサブカメラを同時に撮影して、ひとつの写真・動画として記録できる「マルチカメラ」。被写体と自分を一緒に撮れて、臨場感あふれる記録が可能に!画面内の小窓の配置と大きさを変更することも可能。

マルチカメラについての詳細はこちら

棚橋:慶良間諸島は美しい夕日がみられる島としても有名なんです。今日は天気が良いので絶好のサンセット日和!『TORQUE 5G』にはアウトドアアプリが色々と入っているのですが、「SUNRISE/SUNSET」はこの島には外せないアプリです。毎日、日の出、日の入りの時間は必ずチェックするので、アウトドア情報をカード形式で登録しておける「Outdoor Portal」に、この「SUNRISE/SUNSET」を登録して利用しています。自分好みにアウトドア情報をカスタマイズできるのが便利ですよね。日の入りアラームを使ってSUNSETを見逃さないようにしています!

■好みのカードを登録できる「Outdoor Portal」と日の出、日の入りが一目でわかるアプリ「SUNRISE/SUNSET」。簡単に設定できる日の出/日の入りアラームで日の出、日の入りを見逃す心配もなし!

アウトドアアプリについての詳細はこちら



■『TORQUE 5G』で撮影した座間味島から海に沈む夕日(P.M.06:50
女瀬の崎(ウナジノサチ)展望台)

壊れにくい『TORQUE 5G』が業務を止めない!
__
__
__
__
__
__
__

棚橋:離島にいるとよくあるのですが、何かが故障した際にその修理のために沖縄本島にわざわざ行かなければいけない、わずらわしさがあるんです。スマホも同様で、落として画面が割れた場合は、本島に行って修理に時間かけて…。時間がかかるのでついつい後回しにしてしまってさらにストレスを感じることも。でも、『TORQUE 5G』であれば、そうした心配やストレスを極力感じることなく利用できると思います。これは、私たちはもちろん、全国の観光事業者さんにとっても喜ばれることかも知れませんね。
また、今回『TORQUE 5G』を使ってみて「これ、お客様に貸し出したら、喜ぶはずだね!」って話してたんです。お客様に自由に使ってもらって島でのアクティビティをさらに楽しんでもらえれば、提供する我々としても本望なので、我々が使いこなすだけでなくお客様にも使っていただけるサービスも検討したいですね。

オセアナポートヴィレッジ座間味の皆さん。オーナーの瀬長さんの右隣りの支配人の宮城司さん(右から3番目の男性)は、『TORQUE』ユーザーで『TORQUE』の大ファン。「『TORQUE』を使うためにauと契約しましたよ!釣りのときにも重宝していますし、体を使った仕事なので汗をかいたときも気にせず使用できるのもいいですね!」と熱く語っていただきました。

3回シリーズで沖縄の観光事業者さんの挑戦と『TORQUE 5G』の魅力を語っていただく本シリーズ。初回は離島で奮闘するホテル&アクティビティ事業者さんのお話でした。次はどんな観光ジャンルの方が登場するか?次回をお楽しみに!

Others