プロ冒険家 阿部雅龍が 『TORQUE』を手に、広げる輪とは
    
    
    
    
    

極地への冒険をはじめ、幅広くチャレンジを広げる『夢を追う男/プロ冒険家』の阿部雅龍氏。冒険家を目指したきっかけは、モットーは。そして、活動の中で『TORQUE』が担う役割とは。人生観を含め、迫ってみた。

1.冒険家という生き方
2.チャレンジは楽しい
3.リアルタイムの発信をさらに
4. 阿部雅龍さんサイン入りグッズプレゼント

冒険家、という生き方
__
__
__
__
__
__
__

ノルウェーのアムンゼン。イギリスのスコット。そして、日本の白瀬 矗(のぶ)。「おお、この人、僕と同じ秋田の人だ!」。ページをめくるたび、南極点を目指した冒険家たちの物語に引き込まれた。小学校4年生の頃、母に買ってもらったマンガ伝記シリーズ。「勇気と努力と強い意志で、困難を乗り越えていく生き方って、カッコイイな」。これが、冒険家という存在との出会いでした。
それからときが過ぎ、大学3年生のいざ就職活動という段になって、思い起こしたのが「冒険家」という生き方でした。後に恩師となる、大場満郎先生の著書『笑って死ねる人生がいい』にも感銘。このままなんとなく進むよりも、自分らしくありたい。思いは募り、大学を休学、山形にあった大場先生の「冒険学校」の押しかけスタッフに。それからは、冒険家となるために、すべてを注ぎました。もともと身体が弱く、学生時代も特にやりたいことがなかった僕が、心身を鍛え、冒険のための資金を貯めることだけに専念したのです。「冒険学校」を卒業後、浅草で人力車をひきはじめたのも、これならトレーニングと仕事を一体化させられると考えたからに他なりません。20代は冒険家としての経験を積み、30代でプロとなって、今日に至っています。


人力車をひく阿部雅龍さん(写真提供:阿部雅龍さん)

チャレンジは楽しい
__
__
__
__
__
__
__

先人・白瀬 矗(のぶ)と、恩師・大場満郎。冒険家として尊敬してやまないこの2人を、僕はつねに追いかけつづけています。「しらせルート」で南極点を目指すのも、大場先生にならい「単独、かつ人力」にこだわるのも、それがカッコイイと思ったから。憧れの人に近づくには、真似るのがいちばんの方法だと。
僕は、冒険家というのはつねにチャレンジする、それ自体をいかに楽しめるか、だと思っています。その様がまた誰かの気持ちを動かす、と信じています。
白瀬隊長は南極へ行く船がなく、資金もたりないという苦境に立ち、自ら奔走し民間、やがて国の協力も取りつけたといいます。大場先生の「冒険学校」は、僕が冒険家として生きていくことを決定づけました。


2021年6月三陸沿岸420kmリアカーにて縦断の様子(写真提供:阿部雅龍さん)

ここ3年、僕はリヤカーをひき、三陸を巡る活動をしています。トレーニングも兼ねてのことですが、自分の足で回って、感じたポジティブな今を伝えていけたらという思いで。そんな僕の周りにたくさんの人が集まるようになり、応援していただけるように。次は子どもたちといっしょに、と考えています。体験を通して、「チャレンジは楽しい」という子が一人でも増えればと。これを、近い将来の夢である「冒険学校」開設へのワンステップに。道はどこまでも続きます。


ボリビアの高山砂漠地帯、標高4,000m地点での食事風景(写真提供:阿部雅龍さんInstagramより)

リアルタイムの発信をさらに
__
__
__
__
__
__
__

僕が、発信することの大切さに気づいたのは、大学休学中の2005年に南米大陸を自転車で単独縦断したときでした。エクアドルの赤道からアルゼンチンの南米大陸道路末端ラパタイア湾までの11,000kmを290日かけて走破したのですが、リアルタイムで更新していたブログが思わぬ反響を呼んだのです。遠く日本のメディアに取り上げられ、ブログの賞まで。「そうか、僕の冒険をこんなにも多くの人が応援してくれていたんだ!」。
いまはSNSを使えば、アップする情報量も、拡散するスピードも圧倒的。リヤカーや人力車で回っているときなど、現在位置を知って、わざわざ駆けつけてくれる人も多い。極地までふつうにメッセージが届く。2017年に人力車をひきながら、全国にある「一の宮」68箇所を巡った「リキシャジャパントラバース〜 一の宮68箇所人力車参り〜 6400㎞」などは、特にすごい反響がありました。
スマホを使ったアップデートを欠かさず、活動のもようをつぶさに見て、知って、応援していただく。単独であっても、搬送者がいるかのように。『TORQUE』を手にしていることが、ますます増えそうです。


2019年単独徒歩で南極点到達(写真提供:阿部雅龍さん)

阿部雅龍さんサイン入りグッズプレゼント!


アンケートにお答えいただくと、抽選で阿部雅龍さんサイン入りグッズをプレゼントいたします。
詳しくは以下のアンケートページをご覧ください。
https://questant.jp/q/torquestyle_abe
応募受付【2021年8月1日(日)まで】

次回は阿部雅龍さんがプロ冒険家として選んだ『TORQUE 5G』のおすすめポイントトップ5を発表します。お楽しみに。

あわせて読みたい
__
__
__
__
__
__
__




Others