春の東京湾で、釣行の思い出を記録!「献上マダイ」を狙ってプチ釣り大会!
    
    
    
    
    

釣りに最適なスマホ『TORQUE 5G』
__
__
__
__
__
__
__

釣りに行った際、その思い出を、そして自慢の釣果を残しておくため、さらにはSNSに投稿するために今やスマホは必需品。だが、釣り場では波しぶきを被ることもあり、さらにはどこかスマホをぶつけてしまう、落としてしまうといったこともある。そんなことを考えると、スマホに様々な「タフさ」が備わっていれば安心感が違う。そんな堅牢さを備えた、釣りに最適なスマホ「TORQUE 5G」とともに、マダイ釣り対決!

狙うはブランド魚・東京湾の「献上マダイ」
__
__
__
__
__
__
__

今回、そんなTORQUE 5Gとともに、「プチ釣り大会」を開催。
参加するのは、アウトドアメディアの編集部の面々。釣り好きで今回の企画者である森岡(写真右)、アウトドア好きだが、釣りは初心者の阿部(写真中央)、船釣り2回目の小出(写真左)といった経験値もバラバラの3名。

舞台は様々な魚が釣れることで知られる東京湾。その中で神奈川県の沖、浦賀水道のマダイは、天然のエビやカニ、回遊してくるイワシなどを捕食していることから上質な身を持ち、古くは徳川幕府に献上されていた代物。今でも「献上マダイ」と呼ばれるブランド魚であり、それを狙おうというのである。そして最大のマダイを釣り上げた者が勝者となる。

タイラバというルアーフィッシングで挑戦!
__
__
__
__
__
__
__

さてその献上マダイが釣れる、浦賀水道は、コマセ釣りは禁止のエリア。そんなルールがあるからこそ、美味しいマダイが釣れる。そして釣り方としては、ルアー(疑似餌)やエビエサを使った釣りに限定される。そこで今回は、タイラバというルアー釣りで挑戦。落として巻くだけでマダイが喰いつく初心者でも楽しめやすい釣り方だが、やればやるほど奥が深いという魅力もあり、日本全国のマダイ釣り場で人気の釣りスタイルだ。羽田に船を置く遊漁船「トレードウィンズ」にお世話になった。


乗船後、まずは船の中で自分の釣り場所を決めるために、じゃんけん。この釣り場所選びで釣果を左右することも多い。すでに勝負は始まっているのだ。


船はしばらく走り、ポイントに到着、まずはタイラバ経験者の森岡が、タイラバ初チャレンジとなる阿部に釣り方をレクチャー。阿部はすぐに釣り方をマスター。

タイラバは、諦めない心と集中力が大切!
__
__
__
__
__
__
__

タイラバ釣りは、タイラバを海底まで落とし、着底後はすぐにリールのハンドルを定速で巻いて誘う釣り。海底から10mほど巻き上げながら誘い、また海底まで落とすというのを繰り返していくのが基本となる。集中力を切らさずに、誘い続けることが重要だ。阿部、小出ともに誘い続ける。すると小出に待望のヒット! しかし巻き上げ途中で魚は釣りバリから外れてしまった。残念!


誰かに魚がヒットした時、写真をすぐに撮影できるように船上に「TORQUE 5G」をスタンバイ。2mの高さから落としても壊れにくく、耐海水対応のモデルだから、船上にそのまま置いていても安心だ。

船上のやりとりも思い出に!
__
__
__
__
__
__
__

経験者である森岡は、その余裕からか船上で2人を撮影。皆で和気藹々と楽しむ。時に真剣に探り、時にワイワイと楽しむ。釣りの楽しさはそんなところにある。


グローブを付けたままでもタッチパネルの操作が可能な「グローブタッチ」機能を搭載。


また側面のカメラボタンで、すぐにカメラ起動&撮影が可能。残したい画像、映像をすぐに撮影できる。別売のフローティングストラップを装着すれば、もしも海中に落としてしまった時も安心。

釣り上げた瞬間を撮影して、思い出に!
__
__
__
__
__
__
__

この日は、ヒットは数回あるものの、なかなか魚が船上に上がらない状況。そんな中、魚を無事キャッチしたのは今回、釣り初心者でタイラバ初挑戦の阿部。不思議な姿だが魚体がキレイなホウボウを船上に上げた。美味しい魚。釣り上げた阿部は、この笑顔。この釣果を見て、経験者の森岡、小出がより真剣になったのは言うまでもない。


釣果や船上での様子は動画や写真で撮影し、思い出として取っておきたいと誰もが思うはず。TORQUE 5Gなら、船上で雑に扱っても大丈夫だ!


ホウボウに続き、またもやヒットを得たのは阿部。本命マダイか? それとも外道か? 「凄い引く~」と叫びながらも、慎重にやりとりしていく。


水面に姿を現したのは、待ちに待った本命の献上マダイ。しかもいいサイズ。

FISHINGモードで、魚を計測
プチ大会などにも最適
__
__
__
__
__
__
__

「TORQUE 5G」が釣りに最適なのは、独自のFishingモードが搭載されていること。このFishingモードとは、カメラを起動し、Fishingモードに切り替えると、自動的に魚の長さを計測できるともに、自動判別した魚の名前と一緒に写真を撮れるというもの(国内の海水魚、淡水魚、約200種を記録可能)。同時に日付や時間、気温、天候なども記録してくれる。釣果記録をきちんと残しておくことができ、他のスマホとは一味違った写真が撮影できる!

釣行後のスマホの処理も楽チン!
__
__
__
__
__
__
__

結局、この日は阿部のマダイ一枚で終了。森岡、小出は惨敗。そんなことも、スマホに残しておけば、後には楽しい思い出になるはずだ。今回、記事内で紹介した機能以外にも、「TORQUE 5G」は、動画撮影時の「風切り音低減」や、オリジナルアプリでのTIDEグラフ、日の出日の入り、コンパスなど釣りに適した機能が満載。あらゆる機能を活用して、釣りを更に楽しむことが可能だ!


釣り場でスマホを操作すると、海水や魚のヌメリなどで汚れてしまうことも多い。「TORQUE 5G」は、水での洗浄はもちろん、温水シャワー、泡ハンドソープでの洗浄も可能。ジャバジャバと洗えるのは最高だ


今回、完全敗北した森岡と小出。阿部の釣り上げた魚の写真をパチリ。残念そうな二人。いや、もしかしたらこの写真で自分が釣ったことにして自慢するのか? それはダメですよ~!

Others

au Online Shop で
『TORQUE 5G』をお得に購入